世界的で更新スピードが最も速いIT認証試験問題集

http://www.japancert.com/

70-534日本語復習問題集、070-488日本語ソフトウエア

夢を叶えたいなら、専門的なトレーニングだけが必要です。JapanCertはMicrosoftの70-534日本語試験トレーニング資料を提供する専門的なサイトです。JapanCertの Microsoftの70-534日本語試験トレーニング資料は高度に認証されたIT領域の専門家の経験と創造を含めているものです。あなたはJapanCertの学習教材を購入した後、私たちは一年間で無料更新サービスを提供することができます。

試験番号:70-534日本語 学習教材
試験科目:「Architecting Microsoft Azure Solutions (70-534日本語版)」
最近更新時間:2015-11-10
問題と解答:66

>> 70-534日本語 学習教材

 
試験番号:070-488日本語 専門知識
試験科目:「Developing Microsoft SharePoint Server 2013 Core Solutions (070-488日本語版)」
最近更新時間:2015-11-10
問題と解答:131

>> 070-488日本語 専門知識

 

070-488日本語認定試験に関連する参考資料を提供できるサイトが多くあります。しかし、資料の品質が保証されることができません。それと同時に、あなたに試験に失敗すれば全額返金という保障を与えることもできません。普通の参考資料と比べて、JapanCertの070-488日本語問題集は最も利用に値するツールです。JapanCertの指導を元にして、あなたは試験の準備を十分にすることができます。しかも、楽に試験に合格することができます。IT領域でより大きな進歩を望むなら、070-488日本語認定試験を受験する必要があります。IT試験に順調に合格することを望むなら、JapanCertの070-488日本語問題集を使用する必要があります。

JapanCertの70-534日本語問題集を入手してから、非常に短い時間で試験に準備しても、あなたは順調に試験に合格することができます。JapanCertの問題集には、実際の試験に出る可能性がある問題が全部含まれていますから、問題集における問題を覚える限り、簡単に試験に合格することができます。これは試験に合格する最速のショートカットです。仕事に忙しいから試験の準備をする時間はあまりないとしたら、絶対JapanCertの70-534日本語問題集を見逃すことはできないです。これはあなたが70-534日本語試験に合格できる最善で、しかも唯一の方法ですから。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.japancert.com/70-534J.html

NO.1 あなたは、 プロジェクト? マネージャに契約者情報アプリのデータ変化に対して警戒さ
せるシステムを設計する必要があります。
あなたは、どのサービスを利用するべきですか?
A. Azure Mobile Service
B. Azure Service Bus Message Queueing
C. Azure Queue Messaging
D. Azure Notification Hub
Answer: C

Microsoft合格体験談   70-534日本語返済   70-534日本語購入   70-534日本語コンポーネント   70-534日本語対象者
Explanation:
* Scenario:
/ Mobile Apps: Event-triggered alerts must be pushed to mobile apps by using a custom
Node.js script.
/ The service level agreement (SLA) for the solution requires an uptime of 99.9%
* If you are already using Azure Storage Blobs or Tables and you start using queues, you are
guaranteed 99.9% availability. If you use Blobs or Tables with Service Bus queues, you will have
lower availability.
Note: Microsoft Azure supports two types of queue mechanisms: Azure Queues and Service Bus
Queues. / Azure Queues, which are part of the Azure storage infrastructure, feature a simple
REST-based Get/Put/Peek interface, providing reliable, persistent messaging within and between
services. / Service Bus queues are part of a broader Azure messaging infrastructure that supports
queuing as well as publish/subscribe, Web service remoting, and integration patterns.
: Azure Queues and Service Bus Queues - Compared and Contrasted
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/hh767287.aspx

NO.2 あなたは、Azure に移住する Virtual Machine 作業負担に許可 を指定する必要がありま
す。
解決策は、最少の特権の主体を利用しなければなりません。
あなたは、何をするべきですか?
A. Groupl と名付けられたクラウドサービスにおいてすべての VMs を作成し、 それから、 Azure
subscription と接続して ください。 以下の Windows PowerShell command を実行してくだ さ
い:
New-AzureRoleAssignment -Mail [email protected] -RoleDefinitionName
Contributor -ResourceGroupName group1
B. Azure 入口では、個 々のバーチャル? マシンを選んで、所有者を加えてください。
C. Azure のポータルで は、登録レベルで、読まれた許可をユーザーに割り当てください。
D. 別個のクラウドサ ービスにおいて個々の VM を作成し、 それから、 Azure の登録と 接続し
てください。
以下 の Windows PowerShell コマンドを実行し てください:
Get-AzureVM | New-AzureRoleAssignment -Mail [email protected] -
RoleDefinitionName Contributor
Answer: A

Microsoft PDF   70-534日本語体験   70-534日本語返金
Explanation:
* Scenario: Permissions must be assigned by using Role Based Access Control (RBAC).
* Role-Based access control (RBAC) in the Azure Portal and Azure Resource Management API allows
you to manage access to your subscription at a fine-grained level. With this feature, you can grant
access for Active Directory users, groups, or service principals by assigning some roles to them at a
particular scope.
Create a role assignment
Use New-AzureRoleAssignment to create a role assignment.
Example: This will create a role assignment for a group at a resource group level.
PS C:\> New-AzureRoleAssignment -ObjectID <group object ID> -RoleDefinitionName
Reader -ResourceGroupName group1
Reference: Managing Role-Based Access Control with Windows PowerShell
https://azure.microsoft.com/en-gb/documentation/articles/role-based-access-controlpowershell/

NO.3 あなたは、認証 するパートナーを許す解決を推薦する必要があります。
あなたは、どの解決を推薦するべきですか?
A. 社 会 的ア イ デン ティ テ ィ プ ロバ イ ダを 信頼 す る フ ェデ レ ーシ ョン プ ロ バ イダ ー を構 成し
ます。
B. Azure のアクセス制 御サービスを使用するには、フェデレーションプロバイダーを構成し
ます。
C. Azure の Active Directory 内に新しいディレクトリを作成し、パートナーのユーザーアカウ
ントを作成します。
D. パートナーのため の VanArsdel ドメイン にアカウントを作成し、 パートナーへのパス ワー
ドを含む電子メールメッセージを送信します。
Answer: B

Microsoft模試エンジン   70-534日本語試験問題集   70-534日本語教科書   70-534日本語クラムメディア   70-534日本語   70-534日本語
Explanation:
* Scenario: The partners all use Hotmail.com email addresses.
* In Microsoft Azure Active Directory Access Control (also known as Access Control Service or ACS),
an identity provider is a service that authenticates user or client identities and issues security tokens
that ACS consumes. The ACS Management Portal provides built-in support for configuring Windows
Live ID as an ACS Identity Provider.
Incorrect:
Not C, not D: Scenario: VanArsdel management does NOT want to create and manage
user accounts for partners.
Reference: Identity Providers
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/gg185971.aspx

NO.4 あなたは、契約 者情報アプリのためにデータ記憶の実行を準備する必要があります。
あなたは、何をするべきですか?
A. ストレージアカウントを作成し、複数のデータ? パーティションを実装します。
B. クラウドサービス とモバイルサー ビスを 作成します。エ ンティ ティグループ トラ ン ザク
ションを実装します。
C. クラウドサービス と展開グループを作 成 します。エンティテ ィ グループトランザク シ ョ
ンを実装します。
D. 展開グループおよ びモバイルサービスを作成します。 複数のデータ? パーティションを実
装します。
Answer: B

Microsoftふりーく   70-534日本語口コミ   70-534日本語オフィシャル   70-534日本語認定試験
Explanation:
*Scenario: / VanArsdel needs a solution to reduce the number of operations on the contractor
information table. Currently, data transfer rates are excessive, and queue length for read/write
operations affects performance. / A mobile service that is used to access contractor information
must have automatically scalable, structured storage
*The basic unit of deployment and scale in Azure is the Cloud Service.
Reference: Performing Entity Group Transactions
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/dd894038.aspx

NO.5 あなたは、 ユー ザーが、 彼ら がクラウド? アプリケーションに初めて認証していた後に
それらのパスワードを再入力する必要はないことを保証する必要があります。
あなたは、何をするべきですか?
A. マイクロソフト Account 認証を可能にしま す。
B. VanArsdel 建物と Azure データセンターの仮 想個人的なネットワーク (VPN ) 関係を準備し
てください。 Azure の 仮想マシンで Windows の Active Directory ドメインコントローラを設
定します。統合 Windows 認証を実装します 。
C. ExpressRoute を配備 しま す。
D. 一つのログオン(SSO )を使うために、Azure のの Active Directory 同期を構成してくださ
い。
Answer: D

Microsoft難易度   70-534日本語   70-534日本語出題範囲   70-534日本語暗記カード   70-534日本語ラーニング   70-534日本語再テスト
Explanation:
Single sign-on (SSO) is a property of access control of multiple related, but independent software
systems. With this property a user logs in once and gains access to all systems without being
prompted to log in again at each of them.
Reference: http://en.wikipedia.org/wiki/Single_sign-on

NO.6 あなたは、契約 者情報アプリを設計する必要があります。
あなたは、 何を推薦するべきですか?答えるためには、 解答エリアに適切なオプションを選
んでください。
Answer:

NO.7 あなたは、Azure への新しい適用を展開する計画を設計しています。 解決策は、 一 回
のログオン経験をユーザー
に提供しなければなりません
あなたは、認証タイプを推薦する必要があります。
あなたは、どの認証タイプを推薦するべきですか?
A. SAML 証明書トーク ン
B. Azure の管理された アクセス? キー
C. Windows 認証
D. MS-CHAP
Answer: A

Microsoftテスト   70-534日本語ブロンズ教材   70-534日本語予想試験   70-534日本語   70-534日本語資格取得
Explanation:
A Microsoft cloud service administrator who wants to provide their Azure Active Directory (AD)
users with sign-on validation can use a SAML 2.0 compliant SP-Lite profile based Identity Provider as
their preferred Security Token Service (STS) / identity provider. This is useful where the solution
implementer already has a user directory and password store on-premises that can be accessed
using SAML 2.0. This existing user directory can be used for sign-on to Office 365 and other Azure
AD-secured resources.
Reference: Use a SAML 2.0 identity provider to implement single sign-on
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/dn641269.aspx?f=255&MSPPError=2147217396


Related Links: http://70-534j.jpcert.com
投稿日: 2015/11/11 23:37:53  |  カテゴリー: Microsoft  |  タグ: 70-534Jクラムメディア070-488J学習資料Microsoft